魅惑の木管楽器 │ 中古品の買取ならハードオフにおまかせください!宅配買取・出張買取もおこなっております。

  • HARD OFF
  • OFF HOUSE
  • HOBBY OFF
  • BOOK OFF
  • MODE OFF
  • Garage OFF
  • Liquor OFF

戻る

魅惑の木管楽器

コラム 2016年5月26日 ハードオフ秋葉原1号店
皆さんこんにちは。ハードオフ秋葉原1号店の横山です。新年度を迎え何か新しい事にチャレンジしてみたくはありませんか?そんなあなたにお薦めしたいのが、大人の魅力たっぷりな楽器サクソフォン、いわゆるサックスです。
まずは歴史から紐解くと、1840年頃ベルギー人のアドルフ・サックス氏によって発明されました。最初はベルギーの博覧会で「金属で出来たコントラバス・クラリネット」として紹介されましたが、「サクソフォン」と命名されたのはその6年後の1846年パリで特許が申請されてからの事だそうです。
h_clm_160526_2 h_clm_160526_3

まずはサクソフォンの仕組みから

サクソフォンはマウスピース・ボディ・ネックの3つに分けられます。マウスピースにリードを装着しマウスピ―スを軽くくわえ息を吹き込みリードを振動させます。
ボディが共鳴してあの独特な艶やかな音が出ます。  
やっぱりサクソフォンと言えばJAZZを連想しちゃいますよね?チャーリー・パーカーやジョン・コルトレーンのようにダイナミックかつ繊細で艶やかで・・・。聞くものを魅了する何ともいいようのない独特なサウンド。表現力が本当に豊かな楽器だなと思います。
~アメセルのマーク6を買取するのが私の夢です(笑)~
歴史の所で触れましたが、木管楽器の2大巨頭の1つ「クラリネット」もほんの少しだけ触れたいと思います。
h_clm_160526_4 h_clm_160526_5

クラリネットの仕組み

クラリネットはマウスピース・バレル・上管・下管・ベルで構成されていて、吹き方はサクソフォンとほぼ同じ感じ。何と言っても木製!(樹脂製もありますが・・・。)
全体的に暖かく・柔らかい音ですが、深々とした低音からはっきりした高音まで出せる音域の広い楽器です。
クラリネットはオーケストラや吹奏楽、室内楽といったクラシック寄りの楽器に思われがちですが、実はスウィングJAZZやディキシーランドJAZZにはかかせない楽器だったんです!そんな魅惑の木管楽器を是非始めてみませんか?世界感が変わるかもしれません。
  • HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 店舗物件募集
  • 株式会社ハードオフコーポレーションはアルビレックス新潟のエコロジースポンサーです。
  • 社長名鑑
  • 日本リユース業協会
  • 一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会
  • 日本流通自主管理協会(AACD)

ハードオフの商品をネットで購入