Garconsのズボン │ 中古品の買取ならハードオフにおまかせください!宅配買取・出張買取もおこなっております。

  • HARD OFF
  • OFF HOUSE
  • HOBBY OFF
  • BOOK OFF
  • MODE OFF
  • Garage OFF
  • Liquor OFF

戻る

Garconsのズボン

モードオフ コラム 2016年5月25日 モードオフ阿佐ヶ谷パールセンター店
皆さん、はじめまして。モードオフ阿佐ヶ谷パールセンター店の阿部と申します。
服が好きな方なら「COMME des GARCONS」(コム デ ギャルソン)という言葉は一度は耳にはさんだ事があるのでは・・・と思います。
おそらく日本の洋服好きには特別なブランドでしょう。
m_clm_160525_2 私の恰好はほぼ1年通してシャツとデニムパンツ、寒くなるとセーターを着込むだけの決まりきった物で、一般的に「COMME des GARCONSといえば・・・?」で頭に浮かんでくる所謂「強い服」は全く似合いません…。
そんな私でも、約6年前に入手して未だに着用し続けているCOMME des GARCONSのアイテムがあります。
それは何の変哲もないチノパンツです。
しかし私はこのどこにでもありそうなチノパンツにこそ、COMME des GARCONSの素晴らしさ、間口の広さが表れている気がしてならないのです。
COMME des GARCONSには、様々なレーベルが存在します。レーベルごとにテイスト、方向性を変えることで多様なスタイルの提案が出来るようになります。メンズの最もベーシックなラインは「HOMME」ですが、所持しているパンツはその「HOMME」のものです。
このパンツですが、履いてみるととても綺麗なシルエットをしているのです。服屋さんで「ダンディなイタリア男御用達のブランド製」と勘違いされたこともあります。
これが私には意外だったのです。「すごく綺麗な、他の服と合わせやすいアイテムも作るんだな」と…。
洋服には必ず「設計図」が存在します(パターンと言います)。素材や作りが上質でも、そもそも大本のパターンが良くないと決して美しいシルエットは出せません。
所謂アバンギャルドな服が多い印象のCOMME des GARCONSにおいて、美シルエットの服が存在する、と言うこと自体が当時の自分には驚きだったのですが、考えてみれば当然なわけで、複雑なシルエットには複雑なパターンが必要となるはずなのです。優れた設計図を描く事が出来る方がおり、ベーシックなパンツにもそれが表れている事にすっかり感心してしまったわけです。
今世界で活躍している東京ブランドのデザイナーにCOMME des GARCONS出身者が多いのも頷ける話です。
m_clm_160525_1 皆さんがCOMME des GARCONSという単語を聞いて思い浮かべるのはどんなキーワードでしょうか?「黒」「自由」などなど・・・色々あるかと思います。
自分は「反骨精神」という言葉が思い浮かびます。昔から続く老舗工場製の真面目なジャケットの裏地が迷彩であったり、ジャケパンスタイルにパンクの象徴、ドクターマーチンを提案したり…。
私にとっては、COMME des GARCONSは、行けばワクワクするテーマパークのような存在です。何か面白い、興味を惹かれるものが必ずあるのです。
モードオフでは、そんなCOMME des GARCONSなど、デザイナーズブランドのお洋服の買い取りを強化しております。年数が経過していても結構です!ドシドシお持ち込みください!もちろんKolor、Sacai、white mountaineeringなどドメスティックブランドも買取強化しています!皆様のご来店をお待ちしております!
  • HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 店舗物件募集
  • 株式会社ハードオフコーポレーションはアルビレックス新潟のエコロジースポンサーです。
  • 社長名鑑
  • 日本リユース業協会
  • 一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会
  • 日本流通自主管理協会(AACD)

ハードオフの商品をネットで購入