Gibson代表「Lespaul」VS Fender代表「Stratocaster」 │ 中古品の買取ならハードオフにおまかせください!宅配買取・出張買取もおこなっております。

  • HARD OFF
  • OFF HOUSE
  • HOBBY OFF
  • BOOK OFF
  • MODE OFF
  • Garage OFF
  • Liquor OFF
  1. 買取販売のハードオフTOP
  2. ハードオフトップ
  3. Gibson代表「Lespaul」VS Fender代表「Stratocaster」

戻る

Gibson代表「Lespaul」VS Fender代表「Stratocaster」

コラム 2015年1月14日 ハードオフ新潟女池店
hardoff_column_img_01  皆さんこんにちは。ハードオフ新潟女池店の細川です。色々あった2014年もあとわずかですね。個性豊かな人々が沢山いる世の中。何かと○○派VS○○派といった派閥になる物が多いですが、エレキギターにおいても、「Gibson派」、「Fender派」なんて派閥が存在します(!?)
 という事で、今回のコラムはGibson代表「Lespaul」VS Fender代表「Stratocaster」に焦点をあててみようと思います!
 エレキギターの歴史を紐解くと、実はまだ100年経っていないなんてとても信じられない程、世の中に浸透しました。エレキギターが発明され、世に出た頃は数百ドルだったオリジナルは、今やその骨董価値からもビンテージギターと呼ばれ、大変な取引額に成長し、もはや投資物件と化しているのは凄い事です。まず代表的な二つのモデルの特徴をおさらいしてみましょう。
hardoff_column_img_02  Stratocasterはネックとボディがボルトでとまっているデタッチャブルタイプで、シングルコイルピックアップを3つ搭載しています。シングルコイルピックアップは、ハムノイズが多いという欠点はあるものの、ピッキングニュアンスを素直に伝えるという点においてとても魅力的です。バンドサウンドの中でもドラム、ベース、キーボードやボーカルに埋もれる事なく、そして各々の楽器を邪魔せずにバランスが取れたサウンドになる事でも愛用者が多いモデルです。
hardoff_column_img_03  対するLespaulは、ボディとネックを接着するセットネックタイプで、ハムバッカーピックアップを2基搭載しています。ハムバッカーピックアップは、シングルコイルの欠点であるハムノイズを減少させ、よりパワーのある骨太サウンドを実現した画期的なシステム。豊かな中音域と、ロングサスティーンが魅力で、ロックギタリストにとっては必須アイテム!
hardoff_column_img_04  うーん、特徴を挙げただけでも、どちらも甲乙つけがたいですね!形で選ぶもよし、憧れのアーティストが使っているから・・なんて理由もOK! 結局どちらが好みかって事で勝敗は引き分けでいかがでしょう(?!)
 どちらのモデルも各社がこぞってコピーモデルを発売しているので、高価なものから安価なものまで沢山あります。またそれぞれを派生させたモデルも多数存在するので、選択肢がとても多いですね!
 個人的には「Lespaul派」なので、Historic Collectionの59モデルがとっても魅力的。
 我がハードオフ新潟女池店にはバリトラの59モデルを展示しています!是非一度ご来店ください。何かと物入りなこの時期、欲しいものも沢山思い浮かんでしまうのではないでしょうか。ギタリストの皆さん!欲しかった一本との運命の出会いをハードオフで実現させましょう!また、ハードオフではギターの買取を強化しております。ぜひお持ち込みください!!
  • 俺のイタリアン オープニングスタッフ募集
  • 店舗物件募集
  • HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 社長名鑑
  • 日本リユース業協会
  • 一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会
  • 日本流通自主管理協会(AACD)

ハードオフの商品をネットで購入