赤ワインを、美味しく楽しく味わいましょう! │ 中古品の買取ならハードオフにおまかせください!宅配買取・出張買取もおこなっております。

  • HARD OFF
  • OFF HOUSE
  • HOBBY OFF
  • BOOK OFF
  • MODE OFF
  • Garage OFF
  • Liquor OFF
  1. 買取販売のハードオフTOP
  2. リカーオフトップ
  3. 赤ワインを、美味しく楽しく味わいましょう!

戻る

赤ワインを、美味しく楽しく味わいましょう!

リカーオフ コラム 2016年4月4日 リカーオフ高円寺純情商店街店
こんにちは!リカーオフ高円寺純情商店街店の、店長の底田(ソコタ)と申します。当店は、ご自宅に眠っている飲むご予定の無いお酒を専門家が査定し、買取り、販売を行うお店です。
ワインは各々に、飲み頃の時期があります。それを超えてしまうと、後は老化し味わいも錆びていってしまいます。もしも召しあがる予定の無いワインがございましたら、是非とも当店にお売り下さいませ。
場所は高円寺駅北口から歩いて2、3分程度で、商店街に入ってすぐの場所にあり、とても訪れやすいので高円寺に来られた際は是非遊びに来て下さいませ。
さて、今回は赤ワインについて、「楽しみ方」と「選び方」について少しお話をしたいと思います。
赤ワインというと、やはり「渋い」「フルボディ」「強そう」等のイメージを持ってる方も多いかと思います。勿論そういった味わいもとても多い半面、とても爽やかでフルーティで優しい味わいもあります。
lq_clm_160404_1 写真はその両極端な味わいの代表的なワインです。
写真左はフランス・ブルゴーニュ産のワイン。「ピノ・ノワール」という葡萄から出来ており、とても優しく爽やか、エレガントなワインを生みます。(ロマネコンティも同じ葡萄です。)もう一つのワインはボルドー産でカベルネ・ソーヴィニョンがメインです。カベルネは、恐らくイメージ通りの、「重め、フルボディ」なスタイルが多いです。まずは、この二品種を飲み比べ、「葡萄によって味が違うんだ」と体感してみると、少し面白さが分かるかもしれません。私は両方好きです。
そして、恐らくこれをご覧になっている皆様は、これからも沢山のワインと出会ってゆくと思いますが、もしその中で、「これは美味しい!」と思える様な一本に出会えたならば、その時は、是非そのワインの産地や、使っている葡萄品種を把握する事をお薦め致します。
lq_clm_160404_2 自分の好きな葡萄品種を把握してゆくと、今後ご自身でワインを選ばれる際、非常に選び易くなっていきます。
もちろん、当店にご来店頂ければ、私達がアドバイスをさせて頂きます。
是非とも、お酒買取り、販売のお店、リカーオフにお越し下さいませ!
lq_clm_160404_3
  • 俺のイタリアン オープニングスタッフ募集
  • 店舗物件募集
  • HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 社長名鑑
  • 日本リユース業協会
  • 一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会
  • 日本流通自主管理協会(AACD)

ハードオフの商品をネットで購入